スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 --:--  スポンサー広告 

虐待防止・講演と学習会

主 催:旭が丘学園児童家庭支援センター
講演名:「虐待防止に係る施策と地域活動への期待」
講 師:厚生労働省雇用均等・児童家庭局 総務課
    虐待防止対策室長 杉上春彦 氏
日 時:平成22年9月25日(土)14:30~16:00
場 所:旭が丘学園

気仙沼ライオンズクラブの共催による講演会が、会員であり
児童家庭支援センターの所長でもある菅原昭Lの挨拶で始まり、
青少年育成協議会会長で会員でもある岡本寛Lの謝辞で
閉会しました。

国(厚生労働省)の施策には、時代に遅れまいとしながら日々法改正を
行い虐待を未然に防ごうとする姿勢と努力が、丁寧で綿密な資料に
より見て取れました。

しかしながら、いくつかのことが関係職員でさえ
知らぬことがあったようで、地域にまで十分落とし込まれて
おらず周知徹底していないことが露呈してしいました。

だからこそ、地域を理解し善くしようとする
ライオンズスピリットの重要性が増してきたようです。

講演の後、一景閣において懇親会が開催されました。
参加者22名のうち6名が当会会員であり、
共催としてその存在感を十分アピールしていました。
参加L:菅原昭L、成澤誠L、斉藤克紀L、岡本寛L、佐藤悟L、幹事
IMG_0714.jpgIMG_0730.jpg
    

関連記事
2010年09月25日 22:55  活動報告 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。